SHINTARO
TAKAHASHI
OFFICIAL WEB

About Shintaro Takahashi

将来に漠然とした不安や焦燥を感じていた少年期。自分の気持ちを詩にしたり、母との対話の中で印象に残ったものを随筆にして新聞に投稿した。

それらが毎回のように掲載されるようになり、読者から「感動した」とハガキが送られてきたり、読者投稿欄で褒めてもらうことがあった。

これらの事をきっかけに、表現することで人生を前に進めていけるのではないかと考えるようになり、文章に限らず、音楽や映画、絵画等に興味をもった。

学生時代には、哲学書に触れ、美術館に何度も足を運んだ。デカルト、ニーチェ、ハイデッガー、サルトル、キルケゴールらの哲学書を読み、バルセロナのピカソ美術館、ミロ美術館、ガウディ建築を見学した。

巨匠達の作品に触れ、絵画の歴史を更新させる宿命を感じ、美術部だった母がいずれ使おうと買い揃えていた未使用の油彩道具を譲ってもらった。

そして、油彩画で表現することをはじめた。

高橋慎太郎

高橋慎太郎_ポートレート

1994年 愛媛県宇和島市生まれ。 上京してから巨匠達の作品に触れ、絵画の歴史を更新させる宿命を感じる。 日本大学文理学部に進学するも、間もなく中退。在学中から、美術館に何度も足を運ぶ。渡欧し、ピカソ美術館、ミロ美術館、ガウディ建築等を訪問する。 また、デカルト、ニーチェ、ハイデッガー、サルトル、キルケゴールらの哲学書に親しむ。特に、ハイデッガーの「存在と時間」に感銘。 2014年より千歳烏山にあるアートスクール セント・ギャラリーに入会。本格的に創作活動に入る。 2015年2月、初の個展を高円寺『デアデビ』にて開催。同時期にセント・ギャラリーを退会する。 2016年2月、銀座『Art Gallery M84』にて個展『21才、生きていけ』を開催。地元の新聞や美術雑誌にて紹介される。 同月、高円寺『デアデビ』にて森本悠生と二人展を開催。 東京都在住。

LATEST INFO

2017/05/02

山野さんのおかげで

今日は山野さんにブログの使い方を教わりました。
山野さん、本当におつかれさまです。

2017/03/17

【3/18(土)イベント】『高橋慎太郎ライブペイントin千葉』開催!

ライブペイントのイベントを千葉で開催します。
◆日時:3/18(土) (※2部構成)
・第1回:13時~
・第2回15時~
◆会場: そごう千葉店 POPUPイベントスペース
   > アクセス https://www.sogo-seibu.jp/chiba/access/

当日は作品をあしらったスマホケースの販売も予定しています(※数量に限りがございます)。
ぜひご来場ください。

2017/02/11

【TV出演】2/11 テレビ東京「生きるを伝える」に出演しました。

2月11日(土) 20:54〜21:00「生きるを伝える」
http://www.tv-tokyo.co.jp/ikiru/movie410.html

2017/02/03

【オリジナル商品】高橋慎太郎オリジナル商品「アートを持ち歩くスマホケース」が発売されました。

スマホアクセサリーの総合メディア『Balloon Style』様とのコラボ企画商品「アートを持ち歩くスマホケース」が発売されました。
Shintaro Takahashiオリジナル商品一覧|バルーンスタイル

Recent Works

SHINTARO'S BLOG




  • 父が企業を退職してから半年が経つ。 新たな仕事を探すため、ハローワークに顔を出す日々。 色んな案件があったが、書類審査で落ちるものもあったらしく、相当に落胆しているときもあった。 しかし、父が最も就きたがっていた幼稚園の職員(?)に面接で合格したらしい。


    高田さん

    外で絵の写真を撮っていると、どこからともなくやってくる。 高田さん。

DROP SHINTARO A LINE